なんかもう日々新世界...


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< no title | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
no title
本当にボロボロだった卒論や発表に対して、先生達の評価は概ね良く(細かい点について目をつぶった場合)、先輩からは「卒論なのにしっかりとした研究で感動したよ!」、一般の人からは「歴史は美術を通じても学べ、考えられることを示したと思う」と評価された。何が良かったのか本当にわからなくて、ずっと考えている。「評価すらなされていなかった美術作品を取り上げ。時代との関連性を見いだし、価値付けようとした姿勢」が評価されたのかなぁ。論文自体は本当にお粗末で、人に見せられないです…。あーもうわかんないっ!とりあえず丁寧に取り上げる姿勢を大切にするっ!
- / 00:10 / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / 00:10 / - / -
comment