なんかもう日々新世界...


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
no title
本当にボロボロだった卒論や発表に対して、先生達の評価は概ね良く(細かい点について目をつぶった場合)、先輩からは「卒論なのにしっかりとした研究で感動したよ!」、一般の人からは「歴史は美術を通じても学べ、考えられることを示したと思う」と評価された。何が良かったのか本当にわからなくて、ずっと考えている。「評価すらなされていなかった美術作品を取り上げ。時代との関連性を見いだし、価値付けようとした姿勢」が評価されたのかなぁ。論文自体は本当にお粗末で、人に見せられないです…。あーもうわかんないっ!とりあえず丁寧に取り上げる姿勢を大切にするっ!
- / 00:10 / comments(0) / -
no title
あー…悔しい…ほんと自分が悔しい…。
でも涙が出るくらい悔しいし美術に懸けたいんだ…。
あー…。

この書き込みを見る度に今日という日を思い出したい。
まずは思考回路を変えなければならないなぁ。
- / 18:11 / comments(0) / -
no title
美術史って、美術作品を通して人間や社会について考える学問な気がする。
- / 17:32 / comments(0) / -
仕事に対する覚書
私は将来何がしたいんだろうと思った時、人々(私も含めて)の知的好奇心を揺さぶる、あるいはそれらを紹介する仕事がしたいのかもしれない。
ワクワクしたり、ときめいたりとか。

そうなると、学校の先生って自分が思っている以上に素敵な仕事なのかもしれないと遅まきながら気づいた。

仕事はご縁の部分もあるだろうけど、とやかく言わず動くぞ。

「君と学芸員として一緒に働きたい」
この言葉を裏切らないように日々生きていく。
- / 10:19 / comments(0) / -
積極的に後ろ向き
人から「仕事の選り好みはよくないって言うけど、選り好みするために努力してるんだ」
と言われてハッと目が醒めた。
「どうにかなる」とか「どんな環境であれ、適用して頑張る」という意識が強かったため、選り好みするための努力を忘れていました。
なんて積極的に後ろ向きなの自分…。
そして腹をくくると言いながら、できていない自分。

それから、論理性の欠落が壊滅的なのであらゆる物事に裏付けしていかなければならない。
人に対してもっと謙虚に。へりくだるのではなく謙虚に。
自分、そういうのを考えると自分を底辺に考えると極端に考えるけど、それって楽しようと思考が停止している悪い証拠。
極端に考える癖を脱却しなければ。


ああああ、頭で思うのに行動が伴わない!!
でもそれを行動に移す努力が決定的に足りない、だから意識してやるんだ。

今回の日記、「〜なければならない」を多用しているけど、自分を追い込むというより自分への戒めです。
- / 14:47 / comments(0) / -
ついったには書けない独り言
普段は薄情なところもあるし、涙もろいってのもあるけど、
生きている過程の中で人の繋がり、優しさや温かさに自然と涙が流せる人間になれたことを誇りに思うし、嬉しく思う。

と頭を渇かしながら自分の声が聞こえた。
- / 02:36 / comments(0) / -
生きてます!
別のところでちょっとしたブログをし始めていたので、こちらのブログが更新できなかったです…!
今後、このブログでは比較的に真面目なことを書いていきたいと思います。

皆元気かなぁ(^_^;)

卒論では戦争画を取り上げることになりました。
まさか戦争画やるなんて、入学した頃夢にも思わなかったわ〜

今は基礎文献をまとめていて、これは論文になるだろうか不安になりますが、こういう作業嫌いじゃないなぁと思います。
どこまで出来るかわからないけど、高い完成度を目指したいと思います!

あと、訳ありで1週間ほどフランスにいました。
ひたすら美術館に行く旅でしたが、刺激的で勉強のやる気が起きました。

美術に関連する場所としては
ロザリオ礼拝堂/シャガール美術館/ルーブル/ポンピドゥー/オランジェリー/オルセー/グランパレ/市立近代美術館/ギュスターブ・モロー美術館/軍事博物館(友達はロダン美術館)
な感じでした。

個人的にポンピドゥーの展示にガツンとやられ、というか今の日本がやってる美術って30年前にやられてるじゃーん!しかも30年前の方が作品の質高いじゃまいか!!状態でした。
中には今の美大生がこれは自分のオリジナルと思って作りそうな作品もあり、勉強は大切だなぁと改めて思いました。

今回、作品の質も当然ですが、展示方法や美術の接し方などで勉強になりました。
また、夜は友達と将来や美術の話、恋バナなど話すことができて良かったです。
友達と話していて、自分は将来に楽観的というか甘く考えていたなーと痛感しました。
学校に帰ったら更にモリモリ勉強するぞ!
- / 07:42 / comments(0) / -
マンガいいよマンガ
100108_1932~02.jpg
うおー12日は読みたい漫画の新刊ラッシュだー(゜ω゜)
12日のレポートが終わったら、自由だ、自由だ…自由だああああああ!!!!!

写真があまりないので、昔やった手作りの会の写真。
皆ご飯うますぎ!
また手作りうまうまの会したいです。
- / 01:50 / comments(0) / -
素敵に歳を重ねたいわ
まだまだa-haネタ引っ張るよー(゜∀゜)しつこいネ!

a-haのメンバーが40代の時のCD借りてきたけど、40代になっても皆超絶イケメンすぎてフイタ。
てかむしろ若い頃よりムチャクチャかっこよくなっていないか!!??
特にマグス、若い頃より断然歳とってからの方が渋くて素敵だおー!こんなに顔が変わるのかっ!て感じです。
モートンは少年っぽくて、ポール・マグスは渋くてダンディズム。

こんな風に歳をとれたら本望ですよね。
30〜40歳ぐらいから人生が顔に現れると思っています。だから30代の男性好きです。

最近、顔を重視していることに気がついたけど、顔つきはその人の生きざまが刻み込まれているため、つい注意が向いてしまうのかもしれません。
ただし、イケメン崇拝とは違います。生まれつきの顔は選べないけど、顔つきは刻一刻と変化していきます。そこを見極めていきたいです。




しかしやっぱり素敵なオジサマはいいすなぁ、ハァハァしてしまいます(^q^)
- / 21:08 / comments(0) / -
むぅむぅ
最近、青さに惹かれる傾向であります。
これは高校時代の若さ故の自意識を取り戻すための退行なのだろうか。

遅れてきた思春期。

昔は悟りたいと思う傾向が強かったけど、今はむしろ悟りたくないもん。そもそも悟りって何?って感じです。

なんか、もう、自分の文章を読むだけでヒリヒリしてきます…。
もうこうなったら自分なりの品格は持ちつつも、オリコウサンから脱却する次第です(`・ω・´)
- / 19:35 / comments(0) / -
| 1/29 | >>